トピックス

今シーズンの直売会は終了しました

2018.04.22 更新

今シーズン昨年10月から今年4月にかけて寺沢製菓直売会を実施してきました。のべ8000人以上の皆さまにお買い上げいただき、スタッフ一同、大変感謝しております。今後もますます美味しいチョコレート作りに励んで参る所存です。5月~9月は夏季シーズンのためお休みいたしますが、10月からまたスタートする予定です。オフシーズンでも「てらチョコ屋」のネット注文(または電話注文)は受け付けておりますのでご要望の商品がございましたらどうぞよろしくお願い申し上げます。


ネットショップ「てらチョコ屋」がオープンしました

2018.04.01 更新

2018年4月1日、寺沢製菓のネットショップ「てらチョコ屋」がオープンしました。てらチョコバーや定番チョコレートをネットで購入することができます。どうぞお気軽にご利用ください。


TOKYOイイシナ展示商談会に出展いたしました

2018.01.23 更新

2018年1月23日、東京都地域特産品認定食品(Eマーク認定食品)として認定された大豆テンペチョコをはじめ当社のチョコレート商品を、東京都立貿易センター 台東館4階展示室にて開催された「TOKYOイイシナ展示商談会」に出展いたしました。


寺沢製菓株式会社の twitter はじめました

2018.01.18 更新

twitterでチョコレートに関する情報を発信していますので、チョコレートが好きな方は@terasawaseika をフォローしてみてください。直売会の情報や他社様の美味しいチョコレートの情報も発信しております。


食べやすくて美味しい ひとくちチョコ

2017.12.03 更新

寺沢製菓のひとくちチョコは一粒一粒セロハンで包み衛生的な上、両ひねり包装なので左右に引っ張ればくるっと回ってすぐにお口の中まで運べます。ミルクチョコ、ビターチョコ、ホワイト&ミルクチョコ等、お好みに合わせてお選びください。なめらかな舌触りと芳醇な香りとコクをお楽しみください。


チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールの効果

2017.12.03 更新

チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールは抗酸化作用があり、身体の老化を遅くする効果があると期待されています。また、このカカオ・ポリフェノールは虫歯を防ぐ作用もあるという報告もあるそうです。美味しいチョコレートが身体にも良いという研究結果は私たちにとって喜ばしいことです。チョコレートを食べて健康な身体を維持しましょう。

 

チョコレートにこだわり続けて46年

2018.02.06 更新

チョコレートを扱った商品としては「ウイスキー・ボンボン」「ココナツバー」がありました。「ココナツバー」は片手で食べられるバータイプのお菓子でしたが昭和30年代当時は世間に受け入れられずあまりヒットしませんでした。昭和47年から麦チョコをはじめとするチョコレート菓子に本格的に取り組むようになり、現在ではチョコレート専業メーカーとしてお手頃で美味しいチョコレートづくりに邁進しています。


 
 

寺沢製菓は「いばらきハサップ」の認証を取得しました

2017.12.06 更新

いばらきハサップ(HACCP)とは食の安心・安全を守るための認証制度のことで、私たち製造者の衛生管理が一定の水準を維持していることを茨城県職員の方に厳正にチェックしていただきました。そして審査を経て平成28年12月9日付けでいばらきハサップの認証を取得しましたのでご報告いたします。
 


寺沢製菓株式会社ホームページリニューアル

2017.12.03 更新

この度、寺沢製菓のホームページをリニューアルしました。寺沢製菓は2018年に創立60周年を迎えます。今まで培ってきた伝統を守りつつ、新しいことにも挑戦して邁進してまいります。これからも寺沢製菓をよろしくお願い申し上げます。

ごあいさつ

未来に向かってはばたく寺沢製菓

この寺沢製菓のロゴは、年号が平成に変わった直後の平成2年(1990年)に、未来に向かってはばたく寺沢製菓をイメージして作られました。寺沢製菓は「よりよい菓子の製造を通して地域社会に喜びと楽しみを提供する」という企業理念の元、これからもお手頃で美味しいチョコレート製造に邁進してまいります。

チョコレートへのこだわりと美味しさの追究

寺沢製菓のこだわり

・寺沢製菓はチョコレートを国内の自社工場で練り上げています。
・チョコレート原料を吟味し、美味しさを追究しています。
・品質にこだわり、お客様にご満足いただける商品を製造しています。
・皆さまの声に耳を傾けて、こだわりのある新しい商品の開発にも取り組んでいます。

 
 

寺沢製菓株式会社は2018年に創立60周年を迎えます

先代・寺澤昌彦が昭和21年に17歳で上京し功安果実製菓に丁稚奉公しながら菓子製造の技術を学びました。その後、昭和28年に独立して寺沢製菓有限会社を創業し、昭和33年8月1日に組織替えをおこない現在の寺沢製菓株式会社を設立しました。当時のお菓子としては広告に載っている、次々と色が変わる「フルーツチャイナマーブル」、砂糖菓子の「お目出糖」、後にヒット商品となった「クリーム・ハース」などがありました。そして本格的にチョコレートを扱うようになった昭和47年から46年が経ちます。一貫したこだわりを保ち続けて現在に至ります。

チョコレートに含まれるカカオ成分は何パーセントですか?

2018.02.05 更新

チョコレートの種類によってカカオ成分の率は異なりますが代表的なチョコレートについて記します。
割チョコ・ミルク、ひとくちミルクチョコ、板チョコ・ミルクチョコのカカオ成分は約26.5%です。
割チョコ・ブラック、ひとくちビターチョコのカカオ成分は約35.2%です。
ひとくちミルク&ホワイトチョコのカカオ成分は約25.9%です。
ハイカカオ、ハイカカオ70については約70%です。